夏場~晩秋までの虫対策 特にゴキブリは絶対に部屋の中で見たくない!

イニシャルGの侵入を防ぐ!

梅雨が開けたら暑い夏がやってきますね。同時に色んな虫が部屋に侵入してきて嫌ぁ〜な気持ちになりませんか?

 

1番イヤなのはなんと言っても「イニシャルG」の黒いヤツです。こいつを部屋で見つけると嫌な気持ちどころでは無いし、女性は悲鳴をあげてしまう方もいると思います。

Uncle哲は一昨年の夏くらいに、座ってたら、忍び寄ってきたアイツに膝の上あたりを噛まれた事があります(笑)ちょっと赤くなったくらいで病気とかにはならなかったですが、非常にムカつきました。

 

それから、イニシャルG侵入させないぜ!コノヤロー対策に取組みました。
毎年4-5月から準備を始めるのですが、今からでも遅くはありません。
因みに昨年から始めたのですが、1匹も侵入してきませんでした。夜間に洗濯物を干す時にベランダでは数回だけ見ました。

 

※夜間の洗濯時には、ちょっとした隙に侵入の可能性があるので、今現在は朝方・昼間に洗濯しています。
1番重要な「イニシャルG」対策ですが、玄関ドア両脇とベランダの窓両脇にKINCHO コンバットお外用を設置します。
念の為に部屋内にもKINCHO コンバットを設置します。

 

小バエや蚊の侵入を防ぐ!
あとは小バエと蚊ですね。蚊は簡単に蚊取り線香を炊くだけです。
なぜ蚊取り線香かと聞かれると、ただ線香の香りが好きだから(笑)今はローズ(バラ)の香りのものなんかがあります。

 

ベランダには小バエ対策で虫除けコナーズをぶら下げてますが、それだけでは甘い気がします。
私は年中、換気扇(キッチンと風呂場)をつけっぱなしにしていますが、この排気口からも侵入してくるようです。どうやらイニシャルG」もです。

 

現在住んでるマンションは、ベランダの両側に排気口がこのようにあります。
この排気口に目の細かい網を被せて、太い輪ゴムで止めています。
排気口の画像で解りますか?
玄関の出入りやベランダで洗濯物を干したりする時に窓を開けるので、小バエや蚊の侵入阻止は絶対ではありません。

 

 

しかし、「イニシャルG」を部屋内で目にしないだけでも、精神衛生上イイと思ってます。
※排気口に網を取付ける時は高いところにあります。脚立やイスを使わないとなりません。怪我をしたりしないよう充分に気を付けてくださいね。

 

窓を開ける時の注意点!

 

注意しないとならないのは、窓と網戸の関係です。
窓は部屋内から見て右側を開けてます?それとも左側でしょうか?左側を開けているなら要注意ですよ。何故なら開け方によって侵入を許してしまうからです。
左側を開ける場合も全開なら大丈夫なんですが、中途半端に開けてると駄目なんです。
つまり右側は全開でも中途半端でも大丈夫だけど、左側には注意が必要なんです。
小バエ、蚊や「イニシャルG」。更にはヤモリ!も侵入出来る隙間があるわけです。
最後に。
何故ヤツのことを「イニシャルG」と書くのか?書くのも嫌なんですよゴキ…
おっと誰かきたようだ(笑)

 

今日はこのへんで。
最後まで読んで頂き有難うございます。

 

何かしら、お役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■HN Uncle哲 ■住まい 福岡市中央区 ■出身地 福岡市博多区 ■趣味 ストリートダンス 海外旅行 海外ドラマ ★ ストリートダンス歴40年 ★好きな海外 タイ・バンコク 台湾 ★海外ドラマ 「24」 ・フレンズ・HOMELAND・ Black List ■既婚・未婚 バツイチ ■仕事 サラリーマン(薄給) ■年齢 55歳(1963.03.01) ■出身学校 堅粕小学校→春吉小学校→高宮中学校→東福岡高校→九州産業大学中退 ■目標 自営業