福岡市中心部の賃貸はプロパンガス物件に注意

何を注意するか説明すると、毎月のガス使用料金が都市ガス(福岡なら西部ガス)に比べ、桁違いに高額になる場合があるからです。

■必ず不動産会社に確認する

 
福岡市に引っ越してくる際に、気に入った賃貸物件がプロパンガスだった場合は、必ず不動産会社に基本料金等を確認しましょう。

もし不動産会社が調べもせず「大丈夫ですよ」等と言う場合は、不動産会社を変えてもいいくらいです。

合わせて、1ヶ月にプロパンガス料金がどれくらい掛かるのかを聞けたらベストです。
自分のライフスタイルを考えてみて、「自炊が多いのか」・「毎日、浴槽にお湯を貯めるのか」等々を素に計算して貰うわけですね。

■プロパンガス物件は最初から外す
 
Uncle哲は、ここ10年で5回ほど引越しを経験しましたが、途中からプロパンガス物件を外して探すようにしています。

家族がいるのであれば、プロパンガス物件を含めないと、諸条件(小・中学校校区や間取り)を満たせないかもですか、ひとり暮らしなら、最初からプロパンガス物件を外しても、問題は無いと思うんですよね。

中にはガス使用料金が都市ガス並に安いプロパンガス会社もあるかもしれないですけどね。
 
■Uncle哲の実体験
 
今は中央区ですが、博多区住吉に住んでいたことがありました。

その時にガス供給がプロパンガスで、ガス開栓に来て貰って契約書(ガス使用量とガス料金の説明入り)を取り交わしました。

取り交わしましたが、説明は全く読んでません(笑)

併せて、保証金の名目で1万円を徴収(退去時に返却)。都市ガスで保証金を払う制度はありません。
月の途中から入居したので、翌月は気付かなかったのですが、翌々月に届いた請求書を見てビックリ!9,000円を超えてました。

思わず、プロパンガス会社に電話しました。

すると、どうでしょう。なぜかキレ気味(笑)で、しかも博多弁で「契約書に書いてあろうが!」みたいなことを言われました。

それがきっかけで、そこは3ヶ月くらいで退去しましたね。不動産会社にプロパンガス会社の対応にクレームを入れたので、早期退去による違約金は免除になりました。

いまだに、そのプロパンガス会社名は忘れようにも忘れられません(笑)
■まとめ

特に今までは実家住みだったけど、初めてのひとり暮らしの方々は、そのガス料金が当たり前だと勘違いする場合もあると思います。

最後まで読んで頂き有難うございます。
何かしら、お役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■HN Uncle哲 ■住まい 福岡市中央区 ■出身地 福岡市博多区 ■趣味 ストリートダンス 海外旅行 海外ドラマ ★ ストリートダンス歴40年 ★好きな海外 タイ・バンコク 台湾 ★海外ドラマ 「24」 ・フレンズ・HOMELAND・ Black List ■既婚・未婚 バツイチ ■仕事 サラリーマン(薄給) ■年齢 55歳(1963.03.01) ■出身学校 堅粕小学校→春吉小学校→高宮中学校→東福岡高校→九州産業大学中退 ■目標 自営業