靴を長持ち 臭わなくする為に書いてみる 主に通勤用

今日は靴の手入れについて書いてみます。主にビジネスシューズですね。

■靴は手入れして長持ちさせよう

通勤で使う靴。手入れしてますか。Uncle哲は出来るだけ週に1度はケアするようにしてます。順序としては…

①ブラシで靴全体の埃を落とす

②リムーバーで汚れ落とす

③シュークリームを塗る

ごくごく普通(笑)1週間で3-4足をローテーションしていて、ケアに要する時間は全体で30分も掛かりません。

ケア時には、シューキーパーを着けたまま行うのが靴が持ちやすくて良いです。

併せて2週間に1度は、靴のつま先に靴下の繊維が溜まるので、使用済み歯ブラシ等で繊維ゴミを掻き出した方が⚪

この繊維ゴミが足の汗を吸収して靴が湿っぽくなりますから。

赤い靴はダンスシューズ。仕事では使いません(笑)

■ローテーションの必要性

1週間を通して同じ靴を履くのは足の臭いに必ず繋がります。

対策として、防臭効果があるインソールがありますが、それでも1つの靴を履き続けるのは、靴の傷みも早くなるから経済的にも良くない。

Uncle哲が持ってる靴で1番長く履いてるのは20年くらいになります。大事に使ってあげれば長持ちしますし、愛着も湧きますね。

■シューキーパーは帰宅後すぐはNG

シューキーパーは型崩れ防止に使った方がイイです。

※Uncle哲からのシューキーパー使用時の注意点

木製のシューキーパーは帰宅して直ぐに着けるのは勧めません。次の日の出勤時がいいです。理由は帰宅して直ぐは、靴の中が湿気ていて、シューキーパーがカビます。これは経験上の失敗談(笑)

足は1日でコップ1杯分の汗をかくと言われてるので湿気が凄いのは当たり前ですよね。

■合成皮革の靴

合成皮革の靴を暫く履いていた時期がありました。

上述したこととは正反対の、ローテーション無し。

この履き方だと、ちょっと高め(5000円くらい)のものでも、持って半年かな。

先ずトゥ外側の小指が当たる部分が割れてきます。そしてトゥ爪先部分とアウトソールが剥がれます。

早ければ3ヶ月くらいで痛みだします。仮に合成皮革の靴を何足かをローテーションさせたとしても、本革靴とは持ちが違うと感じます。

酷い雨や雪でビジネス上の理由で長靴を履けない方は、散発的に履くのはいいと思います。

Uncle哲は電車通勤なので、見栄もあり本革靴しか履きません(笑)合成皮革は一目で解りますしね。

車通勤してる同僚数名は、合成皮革の靴ばかりを履いていますが、大体3ヶ月くらいで駄目になって買い替えてます。

■シューズボックスの除湿

Uncle哲が住むマンションは密閉性に優れているようです。壁も厚いようで両隣りの物音も一切聞こえません。

反面、湿気が溜まりやすいようです。シューズボックスには除湿・防臭剤を入れておかないと、あまり履かないスニーカー等はカビが生えます。

定期的に交換するだけなので簡単ですね。

最後まで読んで頂き有難うございます。

何かしら、お役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■HN Uncle哲 ■住まい 福岡市中央区 ■出身地 福岡市博多区 ■趣味 ストリートダンス 海外旅行 海外ドラマ ★ ストリートダンス歴40年 ★好きな海外 タイ・バンコク 台湾 ★海外ドラマ 「24」 ・フレンズ・HOMELAND・ Black List ■既婚・未婚 バツイチ ■仕事 サラリーマン(薄給) ■年齢 55歳(1963.03.01) ■出身学校 堅粕小学校→春吉小学校→高宮中学校→東福岡高校→九州産業大学中退 ■目標 自営業