激痛が辛い!ぎっくり腰対策をまとめてみる

ぎっくり腰になったこと ありますか?

症状に軽い重いはありますが、重いぎっくり腰は横になってる状態から起き上がれないほど痛いですよ。
重い物を持ったから、ぎっくり腰になるとは限りません。

 

■ぎっくり腰対策

 

最初に書いてしまいますが、対策としては腹筋・背筋を鍛えておく
鍛えるといっても大層なことじゃありません。Uncle哲の場合は、腹筋・背筋運動を毎日20回するだけでした。
「でした」と過去形で書いているのは、今は頻繁にダンスをしているので、自然と腹筋・背筋が鍛えられているから、特に運動はしていません。

 

■ぎっくり腰の応急処置
ぎっくり腰になったのが日曜日。辛いけど忙しくて病院に行く時間が無い。
このような方へ応急処置を書いておきましょう。

 

用意するもの
・バスタオル ・ガムテープ
バスタオルを腰に巻く→ガムテープを出来るだけキツく締めて、腰から腹に1周巻いて止める。バスタオルの幅を3分割に分けて、ガムテープを巻くを繰り返す。
これだけです。

イメージとしては、こんな感じです。これを素肌もしくはアンダーウエア越しに、テープをギッチギチに強く巻きつけます。

以前、Uncle哲が海外旅行中にホテルで、そう酷く無いぎっくり腰になった時に試した事です。
この時は、外国で海外旅行保険には加入してるものの、病院に行くのが面倒に思ったので。
ガムテープはホテル近くのコンビニに買いに行きました。

 

バスタオルを身体に巻く時は、出来るだけ素肌に巻いた方が効果があります。
因みに、この時は併せて、ぎっくり腰用のストレッチをネットで検索して実行しました。バスタオルは丸一日巻いてましたね。翌日は、ほんの少しだけ大腿部に関連痛がありましたが、腰の痛みは無くなり、旅行中だったので良かったなと、バスタオルとガムテープに感謝(笑)

 

■ぎっくり腰になってしまったら
人によって違いはあるので、断言は出来ませんが、経験で書くとカイロプラクティックが効果は一番でした。その他には、鍼灸院、整骨院、整形外科に行っています。

 

次にあくまで一時的な対策としては、コルセットや腰用のスポーツサポーターの着用です。
これは着用すると、普段通りに生活出来るようになります。

 

一時的なと書いたのは、ぎっくり腰が治ったら、必ず腹筋・背筋を鍛えた方が良いからです。
治るまでは安静にしておくのが一番大事なことですが、仕事や学校をタイミング的に休めない事が多々あると思います。そのような時は、コルセットで腰周りを安定させないと痛くて仕方ありません。

 

では、ここからUncle哲の実体験を書いていきましょう。
ある日の休日、洗濯物を畳んでいました。

 

立った状態で、アンダーシャツを両手で持って、パンパンとしていると、腰に激痛が走り、その場にヘナヘナとへたり込んでしまいました。

 

初めてのぎっくり腰でしたが、その時のが一番酷い症状でした。
その日は日曜日で、病院等も開いておらず、買い物に行こうにも痛くて動けません。
横になっていても、少しでも動くと激痛がします。眠っていても、痛みで何度も目が覚めます。
翌日、目が覚めて起き上がろうとしますが、痛くて起き上がれません。左や右にゆっくりと身体を動かしても無理。

 

15分くらい掛かって、うつ伏せから両腕を支点にして何とかなりました。

 

顔を洗うのも、服を着るのも一苦労。

 

部屋を出て、エレベーターに向かうのも壁伝いに手をついて歩きます。
事前に職場に連絡をしていて、部下に社用車でマンション前に迎えにきて貰ってました。
車に乗るのも簡単じゃ無かった。

 

職場に到着した後、鍼灸院に行き施術して貰いますが、全く痛みは引きません。
歩くのだけでも、部下に肩を貸して貰わないと無理な状態でした。

 

こんな感じが発症して3日は続きました。
4日目の晩に横になっていると、身体を動かして無いのに、痛い部分の筋肉が痙攣とは違い、表現が難しいのですが、「ぐにゃ〜」って感じで動きます。これが痛いのなんのって、思わず叫びました(笑)

 

これが一晩に数回あったんですが、3回目くらいから「あっ!くるくる」って前兆が解るんですね。解ってても対処は出来なくて痛みに耐えるだけでしたが。
次の朝は、それまでと違い痛みが弱まりました。歩くのも凄くユックリですが、壁伝いじゃなくても大丈夫になりました。

 

この時は、コルセットやカイロプラクティックは知らず、自然に回復するのを待ちました。完全に痛みが無くなるまで、10日くらい掛かったでしょうか。
この時から5年間くらいの間に、数回のぎっくり腰になりましたが、一番酷かったのは、この時でした。

 

ぎっくり腰に数回なるうちに、コルセットを着用すれば痛みが緩和する事を知り、ダメ元と思ってカイロプラクティックで施術して貰ったら、一発で治ったということです。腹筋・背筋を鍛える方法も、5年目くらいに理解した事なんですね。

 

この5年間は、仕事が忙しく踊りに行けてなかった時期です。
このように、何度かぎっくり腰になりましたが、慢性化はしていません。
ある日、突然のタイミングで襲ってくるぎっくり腰。

 

皆さんも気を付けましょう。

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

何かしら、お役に立てれば嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■HN Uncle哲 ■住まい 福岡市中央区 ■出身地 福岡市博多区 ■趣味 ストリートダンス 海外旅行 海外ドラマ ★ ストリートダンス歴40年 ★好きな海外 タイ・バンコク 台湾 ★海外ドラマ 「24」 ・フレンズ・HOMELAND・ Black List ■既婚・未婚 バツイチ ■仕事 サラリーマン(薄給) ■年齢 55歳(1963.03.01) ■出身学校 堅粕小学校→春吉小学校→高宮中学校→東福岡高校→九州産業大学中退 ■目標 自営業